そのお金、借金しないといけませんか?

そのお金、借金しないといけませんか?

そのお金、借金しないといけませんか?
そのお金、借金しないといけませんか?

 

 

そのお金、借金しないといけませんか?
いろいろな借入先がありますので、調べたうえで賢く融資をうけましょう。その融資の決め方で、今後の返済が楽に終わるのか苦労に終わるのかが決まります。どうか慎重に考えた上で決断してください。そして融資を受けられたとしても、事業がうまくいくとは限りません。お客さんが来ずに開店してから数か月で、閉店しなくてはならないかもしれないからです。開店する時は夢と希望に燃え、事業資金のみが頭の中でいっぱいになりますが、生活のことも忘れてはなりません。たとえお店がうまくいかずに収入がなくても、1年は暮らせるだけのお金を生活資金として準備しておきましょう。また家族経営などにありがちですが、事業費と生活費が混同している会社が見受けられます。内々で行っているので、どちらのお金も一緒と考えがちですが、事業は事業、生活は生活と切り離して考えましょう。事業のお金が足りなくなってくると、生活費からだして補いたくなってきますが、それだけはやめましょう。食べることは生きる事です。しっかり食べなければ、明日への活力も湧きません。体に必要な栄養素を取っていれば、自然と頭も回転していいアイディアが浮かぶかもしれません。最後まで頑張ることも大切ですが、債務整理をするのにもお金がかかります。うまくいかない場合は、資金が完全に底をつく前に見切りをつけて撤退するべきでしょう。

 

借金返済をするにはこのサイトは参考になります。
http://xn--88j6e576hd9y8k9airc.com

けっしてお金がない時に使うものではない

あなたの信用度を証明するもの、それがクレジットカードですけっしてお金がない時に使うものではないのですが、現在のカード使用状況をみますと、そのように使用している方が多いように思われます。そもそもは財布を忘れた実業家が、「自分の信用度で支払いができればいいのに・・・。」と思い、1950年にダイナースクラブを立ち上げたのが始まりです。カードを作る時には住所・氏名・年齢はもちろんの事、年収やどこの会社に何年勤務しているかまで書きます。この情報があなたの信用度になります。勤務年数が長く年収も高ければ、支払能力が高いと認められカード限度額も高額になります。そしてクレジットカードで商品を購入した代金を、クレジット会社にきちんと払うことによって、信用が積み重なりカードの利用限度額が増額されます。賢い使い方をすればこんなに便利なものはありません。購入代金でポイントが貯まって、そのポイントでまた商品を貰うことができたり、海外旅行傷害保険が付帯されているなど、お得感がいっぱいです。しかし便利なカードも裏を返せば、カード会社が儲けるようにできています。商品をクレジットカードで1回払いにした時は、カードの持ち主は商品代金のみをカード会社から請求されます。商品を買ったお店(加盟店)はというと、3%くらいの手数料を引いた金額がクレジット会社から立替払いされます。利益が減るのは加盟店ですが、今時カードが使えないお店なんてお客さんは来ませんよね。

 

けっしてお金がない時に使うものではない

、リボルビング払い

「どの時期にいくらの買い物をしても、毎月の支払金額は一定」を売りにしているのが、リボルビング払いです。毎月1万円を支払うと決めたら、残金がいくらでも元金1万円+利息を払えばいいのです。毎月いくらカードを使ったのか分からなくなる方にとっては、「ありがたい支払方法」でしょう。でも、キャッチコピーに騙されてはいけません。あなたは、損をしているのです。リボ払いの利息は、カード会社にもよりますが大体年率9.6%~18.0%くらい取られています。年率で示されてもピンとこないかもしれませんが、月率に直すと1.5%になります。10万円の買い物をしてリボ払いにすると、次月の支払は元金返済分1万円+利息1500円=1万1500円になります。そしてカードで買い物をした金額はどんどん合算されていきますが、支払は毎月1万円+利息になるので、総額にしていくらになるのか把握できなくなってくるのが恐ろしい所です。よって支払は長期にわたります。長ければ長いほど、利息をたくさん払うことになります。

 

 

ポイント還元率の高さをうたってリボ払い専用カードなどもありますが、カード会社が儲けるための戦略です。毎月の支払額の低さに心奪われてはいけません。利息は無駄な支払です。一括で支払えない場合は利息をとられない回数にするか、ボーナス一括払いにすることをお勧めします。クレジットカードは賢く使って、メリットだけを手にしましょう。